ニッスイのイマークsが人気の理由

ニッスイのイマークsが人気の理由は中性脂肪を下げる効果があるからなんです。

 

 

でも中性脂肪が高いかどうかなんて健康診断してみないとわからないし
実際中性脂肪が高いからって何なんだって感じですよね。

 

でも中性脂肪が高いと実はとても危険なんです。

 

中性脂肪が高いとどうなるのか

中性脂肪が高いというのは血液の中に脂肪がたくさん含まれているということなんです。

 

通常の血液がサラサラなのに対して
中性脂肪の高い人の血液はドロドロなんです。

 

ドロドロの血液の人は動脈硬化になりやすくなります。
動脈硬化は重大な病気を引き起こします

 

例えば脳の血管障害によって、脳梗塞や脳出血にもなりやすくなってしまいます。

 

これは、脳で問題が起きている状態ですが
脳以外の体のあちこちで動脈硬化によって引き起こされる病気は多々あります。

 

 

なので中性脂肪値が高いというのは大変危険な状態なんです。

 

中性脂肪が高い人の特徴

中性脂肪が高い人は

 

 

■食べ過ぎ・・・肉の脂や揚げ物などコレステロールが高い物が危険です。
■運動不足・・・現代人は車や電車の普及で運動不足の人が多いです。
■アルコール・・・毎日飲んでる人は危険です。
■喫煙・・・・・喫煙によって血液をドロドロにしてしまいます。

 

などの特徴があります。

 

 

どれか1つでも改善しようとしてもなかなかできるものではありません。

中性脂肪を下げるためには

中性脂肪を下げるためには主に3つの方法があります。

 

食生活を改善する
■糖質制限
糖質はごはんやパン、うどんなどに含まれています。
野菜だと、じゃがいも、玉ねぎ、カボチャ、ニンジン、果物全般などです。
もちろん砂糖やはちみつ、小麦粉などにも含まれています。

 

これらの食材を制限して糖質を取らないようにするというものです。

 

ですがなかなか毎日の食事でそんなこと言ってられませんよね。

 

ですから一般的に中性脂肪を下げようとした場合
さばやイワシなどの青魚を食べるんです。

 

 

青魚には中性脂肪を下げるDHAやEPAがたくさん入っています。

 

なので青魚を食べつつ少しでも運動するようにすれば中性脂肪は減っていきます。

サプリでもとれる

ですがなかなか青魚もとれないといった時には
DHAやEPAがたくさん入っているサプリがおススメ。

 

なかでもイマークsは有名で効果もお墨付き。

 

臨床試験のデータでも1日1本飲むだけで
1から3カ月後には約20パーセント中性脂肪が下がるんです。

 

 

これなら食生活が偏ってしまっても毎日1本飲むだけなので簡単に効果が出ます。
これ1本で1日に必要なDHAやEPAがとれてしまうので
青魚を食べる必要もありませんしね。

 

デメリットといえばドリンクタイプなのでビンのごみ処理がちょっとめんどくさいところですかね。

 

もしもめんどくささを感じるならサプリのきなりなどもありますよ。